記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2007年8月号 148ページ〜150ページ(ページ数:3)

タイトル

大議論 夏バテするイネしないイネ

ゆっくり育てたイネにゆっくり効く「登熟肥」を

執筆者・取材対象: 編集部清田政也



サンプル画像


見出し

●7月、夏バテイネは株が混み、夏バテしないイネは株がスッキリ●ガスわきの根傷みで元肥が吸えず、暑くなってから一気に効いた?●5月下旬のガス抜き、溝切りが肝心●ジワジワ効く元肥で、早く植えてゆっくり育てる●「穂肥」ではなく「登熟肥」で稔りをよくする