記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1986年9月号 332ページ〜335ページ(ページ数:4)

タイトル

胃汁検査で健康酪農(2)

1日の胃汁pHのサイクルの狂いが夏バテを呼ぶ

執筆者・取材対象: 遠藤和雄



見出し

●夏と冬でちがう 胃汁pHの変化◎エサを食べると胃汁pHは下がる◎1日の胃汁pHのサイクル 冬は回復、夏は低下◎夏バテでpHは低下し原虫が弱る●夏の気温変化が胃汁pHを変える◎高温が胃汁pHの回復を遅らせて夏バテを呼ぶ◎胃汁pHが1日で回復する環境整備を