記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2019年2月号 237ページ〜240ページ(ページ数:4)

タイトル

果樹、一癖あるいい品種 つくりこなしの裏ワザ

端境期を狙えるけどタネが入る中晩柑南津海 ネット被覆でタネなしに

執筆者・取材対象: 依田賢吾(写真・取材)内藤保夫

地 域: 福岡県宗像市



サンプル画像


見出し

●低日射量にも負けず、品種の多様性で生き残る●5月収穫に驚いて導入 つくりやすくて味もいい●鳥獣害、かいよう病、タネ入りが弱点●4mm目合いのネットハウスですべて解決!?●自作の簡易ネットハウスで40〜50年はもつ