記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2019年2月号 212ページ〜213ページ(ページ数:2)

タイトル

収穫・調製作業がはかどる品種

ナス 単為結果性でトゲがないラクロ、あのみのり2号、PC筑陽

執筆者・取材対象: 林和弘

地 域: 静岡県静岡市



サンプル画像


見出し

●作業性の追求がきっかけ●三種三様の売り方がある●立性で葉が絡まないコマツナ「里ごころ」