記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2008年12月号 144ページ〜147ページ(ページ数:4)

タイトル

品目転換・作型ずらしで乗り切る重油高騰 暖房代減らし2008 Part2

パプリカ、 暖房いらずの夏秋作へ転換

執筆者・取材対象: 橋本文博



サンプル画像


見出し

●一八度維持の冬春作をやめ見切り発車で夏秋作へ●しかし高温障害に悩まされた●二年目は冬春作の収量に届くまでに●夏秋作の明暗を分ける四つのポイント◎(1)換気改善や遮光で室温を下げる◎(2)防虫ネットで病害虫対策◎(3)高温下はどうしても小玉、品種選びと事前の販売対策を◎(4)六〜八月は猛烈に忙しくなるので、上手な労力配分を