記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1995年3月号 220ページ〜223ページ(ページ数:4)

タイトル

4月上旬播きより、下旬播きが抽苔するのはなぜか? 2月播きより、5月播きが抽苔するのはなぜか?

ダイコンの抽苔防止のポイント

執筆者・取材対象: 寺田保



見出し

●播種後7日間の低温が危ないのだ●朝寒くても、昼間暖かければ、大丈夫●後半気温が高いと抽苔は早くなる●日長が長くなると抽苔は促進される●抽苔を回避するポイント、播種後1週間の温度を高める◎被覆資材を使う◎どんなときに耕うん播種するか◎平ウネより高ウネ◎天気を見て、無理な播種は禁物◎西南斜面や西日の多く当たる畑で◎抽苔しにくい品種