記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』作物編 第8巻 北海道・元氣招会+峰+1〜北海道・元氣招会+峰+15(ページ数:15)

水田の多面的利用>事例編>人を引きつける水田空間活用

ミントの畦で香りただよう田んぼには千客万来 −減農薬・無農薬栽培の米も大豆も売れていく− 北海道美唄市・元氣招会+峰延農協

開始ページ: 北海道・元氣招会+峰+1

執筆者: 今橋道夫

執筆者所属: 元氣招会代表

備 考: 執筆年 1999年

記事ID: s218001z



見出し

〈地域の概要〉 ・・・〔1〕
 1.重粘土と泥炭地の上に開かれた田
 2.水田利用の経過 ・・・〔2〕
 3.現在の多面的な水田利用の特徴
   (1)米産直をめざして「元氣招会」旗揚げ
   (2)カメムシにハーブ,雑草にアイガモ−賑やかな田んぼになってきた ・・・〔3〕
   (3)納豆,味噌,燻製,ジュース,そしてハーブ苗……加工の展開 ・・・〔4〕
〈取組みの動機とねらい〉
 1.経営の概要と取組みのきっかけ
   (1)増え続ける農薬散布への疑問
   (2)投げ捨てていたハーブへの着目 ・・・〔5〕
 2.香りの畦みち―取組みのねらいと内容
   (1)無防除稲作での二つの不安
   (2)イネ科寡占状態が生み出したカメムシ被害 ・・・〔6〕
   (3)田んぼの畦にハーブを植える ・・・〔7〕
   (4)20haに及ぶ「香りの畦みち」造成
   (5)畑版「香りの畦みち」にも挑戦中 ・・・〔8〕
 3.産直のお客さんが援農隊
 4.取組みの成果 ・・・〔9〕
   (1)ハーブの畦は農薬散布4〜5回分の効果あり
   (2)土地改良事業に組み入れられるか
   (3)消費者と一緒になったハーブ活用も ・・・〔10〕
〈多面的利用の実際と技術〉
 1.自宅に近い,畦を活かせる上質田を選ぶ
 2.品目・品種選択と配置デザイン ・・・〔11〕
 3.多面的利用におけるポイント
   (1)イネはポット苗,やや密植と生わら害解消策
   (2)ドロオイムシ退治機も開発
 4.ハーブ畦の効果とつくり方
   (1)ミントの畦とカメムシについて
    カメムシの発生条件
    農薬の半分以上がカメムシ用
   (2)なぜミントの畦なのか ・・・〔12〕
    カメムシの苦手植物
    ミントの繁殖力
    栽植作業の容易さ
    畦の強度を増す
    コストと付加価値
    PR効果が大きい
    着色粒対策も可能か
    イネへの悪影響が少ない ・・・〔13〕
   (3)ミント栽植にあたっての注意点
    使用するハーブ
    品種
    栽植密度
    苗の形状
    定植時期
    定植方法
    施肥
    雑草対策
    初年目の管理 ・・・〔14〕
    2年目からの管理
    耐用年数
   (4)成功のポイント
〈今後の課題〉
 1.経営の現状と課題
   (1)産直を強める
   (2)畑作用除草機の開発で畑作も無農薬に
   (3)水田を活かした複合経営へ
 2.「ハーブの里みねのぶ」に向けて ・・・〔15〕

キャプション

●今橋農園の経営のあらましと多面的活用の概要
   キーワード:泥炭土\乾田
第1図 スペアミント
第2図 元氣招会の仲間たち
第3図 筆者のイネ栽培法の米の等級の推移
   キーワード:特別栽培米
第4図 元氣招会と今橋農園の加工品
第1表 元氣招会の歩み
第5図 カメムシの発生源となるイネ科雑草が繁茂した畦みち
第6図 ミントに覆われた畦みち
第7図 カメムシとその発生消長
   キーワード:雑草地\コムギ畑\水田\アカヒゲホソミドリメクラガメ
第8図 産直のお客さん(パートナー)がハーブを植えに来てくれた
第2表 平成10年度チャレンジクリーン事業で植えたいろいろなハーブ(元氣招会会員)
第9図 元氣招会の環境保全型水田と一般田での比較図
   キーワード:ハーブ畦
第10図 ハーブの畦のカメムシ数は確実に減っている
   キーワード:ミント被覆率\香畦度
第11図 筆者の圃場と作目の配置(平成11年)
第12図 ミント移植200日後の地下茎伸長
   キーワード:アップルミント\スペアミント\ペニーロワイヤル\ペパーミント\オーデコロンミント
第13図 ミント定植200日後の畦のようす
第14図 ハーブ苗の定植は,畦ごとに左右交互の肩に植えると自走式草刈機が使える
第15図 「ハーブの里みねのぶ」に向かって