記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2018年6月号 114ページ〜118ページ(ページ数:5)

タイトル

ハーブの力で減農薬

ミント・フェンネルがアブラムシに効く

刻んで敷きワラに混ぜて

執筆者・取材対象: 北川信一郎

地 域: 福井県坂井市



サンプル画像


見出し

●きっかけは畦畔のカメムシ対策●ミント系ハーブで害虫忌避●刻みハーブを敷きワラに混ぜる●忌避効果が期待できるハーブの使い方のポイント◎アップルミントとレモンバーム(どちらもシソ科)◎ニガヨモギ(キク科)◎バジル(シソ科)◎ラベンダー(シソ科)◎ローズマリー(シソ科)◎フローレンスフェンネル(セリ科)◎セロリ(セリ科)●ハーブで天敵を増やして守る●農薬はスポット散布と米ヌカ団子●害虫の早期発見の観察ポイント