記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1999年9月号 312ページ〜315ページ(ページ数:4)

タイトル

ハーブ養鶏で甘味のある卵、アクの出ない鶏肉ができる

執筆者・取材対象: 編集部鴻巣竹夫鴻巣ハネカ

地 域: 栃木県氏家町



見出し

●ハーブが香る鶏舎?●エサにハーブを添加して「香草卵」を生産●ヨーロッパのハーブ療法を鶏に応用した●こんなおいしい鶏肉があった●ハーブ療法には誰でも取り組めるものもある◎ウコン(ターメリック)◎イラクサ(ネトル)◎ハコベ(チックウィード)◎アカザ(ファットヘン)●緑餌をつくる手間がない、バランスの崩れはハーブで補う