記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』作物編 第2-1巻 技+115〜技+116(ページ数:2)

イネ=基本技術(1)>基本技術編>栽培の基本技術/イネの生育と技術>I 育苗期

品種のタイプと生育のちがい(暖地,育苗期)

開始ページ: 技+115

執筆者: 星野孝文

執筆者所属: 九州農業試験場

備 考: 執筆年 1982年

記事ID: s0210580



見出し

  (1) 早期栽培での苗の特徴と品種間差 ・・・〔1〕
  (2) 普通期栽培での苗の特徴と品種間差 ・・・〔2〕
  (3) 晩期栽培での苗の特徴と品種間差

キャプション

第1表 暖地の普通期栽培用品種の苗長
   キーワード:ニシホマレ\日本晴\レイホウ\ミナミニシキ\コガネマサリ\ミネユタカ\シンレイ\ミズホ\あそみのり\黄金錦\ニシヒカリ\トヨタマ\ツクシバレ\早期コシヒカリ\九州\宮崎農試
第1図 品種の苗質とムレ苗発生との関係
   キーワード:トドロキワセ\コシヒカリ\近畿33号\改良八反流\チドリ\日本晴\ニホンマサリ\五百万石
第2図 4葉苗の草丈におよぼす品種,施肥量の影響
   キーワード:ミナミニシキ\ニシミノリ\日本晴\コガネマサリ\コシヒカリ\ホウネンワセ
第3図 主稈異常出穂発生率の品種間差異
   キーワード:イシカリ\シオカリ\フジヒカリ\巴まさり\越路早生\カツラワセ\みやにしき\フジミノリ\ハヤヒカリ\アキヒカリ\トヨニシキ\コシヒカリ\コトヒビキ