記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』野菜編 第5巻 基+129〜基+140(ページ数:12)

カボチャ>基礎編>各作型での基本技術と生理

トンネル栽培

開始ページ: 基+129

執筆者: 市村尚

執筆者所属: 茨城県園芸試験場

備 考: 執筆年 1988年

記事ID: y0501210



見出し

I トンネル栽培の意義と目標 ・・・〔1〕
 1.栽培法の生理的意義
 2.生育と栽培の特色 ・・・〔2〕
 3.作期と品種の選び方 ・・・〔3〕
    えびす
    みやこ
    近成えびす
    近成芳香
    錦芳香
    さちにしき
    つるなしやっこ
 4.技術の目標
   (1)健苗の育成
   (2)トンネル管理
   (3)草勢の維持
II 栽培技術の要点 ・・・〔4〕
 1.土つくり
 2.着果の促進
 3.病害虫防除
III 栽培法と生育生理 ・・・〔5〕
 1.育苗期
   (1)技術目標(第1表)
   (2)生育診断と対策
   (3)管理のポイント
    床土
    発芽の促進
    鉢上げ ・・・〔6〕
 2.定植準備期
   (1)技術目標(第3表)
   (2)管理のポイント
    施肥設計の考え方
    栽植密度の考え方
    マルチ,トンネル
    定植時期 ・・・〔7〕
 3.定植〜着果期
   (1)技術目標(第7表)
   (2)生育診断と対策
   (3)管理のポイント ・・・〔8〕
    定植
    トンネル内の温度管理
    整枝
    着果の促進
    ミツバチによる受粉 ・・・〔9〕
    摘果
    敷わら
    追肥
    潅水 ・・・〔10〕
    玉返し
   (4)病害虫防除
 4.収穫始期以降
   (1)技術目標(第10図)
   (2)生育診断と対策
   (3)管理のポイント
    収穫時期の決定
    草勢の維持
    後かたづけ ・・・〔11〕
IV トンネル栽培の将来性
 1.地域性
 2.栽培技術の改善点 ・・・〔12〕
 3.導入上の考え方

キャプション

第1図 トンネル栽培の生育生理と栽培の概要
第2図 主産地における作期
第1表 育苗期の技術目標
第3図 種子のまき方と発芽後の状態
第4図 トンネル栽培カボチャの時期別養分吸収量
   キーワード:K2O\CaO\N\P2O5\日向14号
第2表 温床の温度管理
第3表 定植準備期の技術目標
第4表 半促成カボチャの施肥量と収量との関係(kg/10a)
   キーワード:K2O\CaO\P2O5\宮崎早生1号
第5表 大型トンネル栽培の施肥例(kg/10a)
   キーワード:堆肥\苦土石灰\BMようりん\苦土重焼燐\燐加苦土安1号\燐硝安加里S604\油かす\脱脂ぬか
第6表 マルチ,トンネル栽培の施肥例(kg/10a)
   キーワード:堆肥\苦土石灰\熔成燐肥\複合化成S053\複合化成S444
第7表 定植〜着果期の技術目標
第8表 葉の大きさと親づる1番果の大きさとの関係
第5図 定植,保温法とつるの誘引法
第6図 時期別花粉発芽率の推移
   キーワード:芳香
第7図 開花前日から開花日にかけての雌花の受精力の消長
第9表 節位の間隔と着果率および収量
   キーワード:えびす
第8図 BA液剤処理が着果率に及ぼす効果
第10表 収穫期の技術目標
第9図 収穫適期の果実
第10図 1987年の東京中央卸売市場における月別入荷量および単価
第11表 経営試算(10a当たり円)