記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』作物編 第2-2巻 技+419〜技+428(ページ数:10)

イネ=基本技術(2)>基本技術編>各種の技術体系>気候条件と技術体系

東北太平洋側イナ作

開始ページ: 技+419

執筆者: 高橋周寿

執筆者所属: 宮城県古川農業試験場

備 考: 執筆年 1982年

記事ID: s0220080



見出し

 1.太平洋側地帯の気象の特徴 ・・・〔1〕
 2.気象条件と生育 ・・・〔2〕
  (1) 草姿に現われた特徴
  (2) 気象の変化と生育相 ・・・〔3〕
   (1)理想的生育の53年
   (2)中期異常低温の55年 ・・・〔4〕   
   (3)前半低温だった56年
  (3) 望ましい生育型 ・・・〔5〕
 3.安定多収の技術目標
  (1) 必要籾数は穂数で確保
  (2) 生育促進で早期茎数確保
 4.生育段階と栽培体系 ・・・〔6〕
  (1) 育苗期
  (2) 田植え〜活着期
  (3) 生育前期〜分げつ期 ・・・〔7〕
  (4) 幼穂形成期〜出穂期 ・・・〔9〕
  (5) 登熟期間 ・・・〔10〕

キャプション

第1図 東北地方太平洋側(仙台)と日本海側(山形)の気象のちがい(平年値)
第2図 仙台と山形のイネ生育の比較‐草丈と茎数
第3図 仙台と山形のイネの生育の比較‐節間長と葉身長
第4図 宮城県と山形県の収量構成要素の比較(1971〜1980年の平均)
第5図 気象の変化とイネの生育‐イナ作期間の半旬別平均気温の平年偏差(稚苗ササニシキ,単位:℃)
第6図 気象の変化とイネの生育‐茎数の推移
第7図 気象の変化とイネの生育‐主幹葉数の推移
第8図 土壌中のアンモニア態窒素量とイネ体の乾物生産量,窒素吸収量の推移
第1表 気象の変化とイネの生育‐収量構成要素
第9図 イネの窒素吸収(模式図)
第10図 イネ安全作期(日平均気温,平年値)
第11図 栽植密度による茎数推移の差異
   キーワード:稚苗トヨニシキ
第12図 栽植密度の差異が収量構成要素に及ぼす影響
   キーワード:無追肥\追肥
第13図 ササニシキの葉色,葉身窒素濃度の期待生育曲線
   キーワード:幼形追肥\穂肥適期
第14図 登熟気温と作況
   キーワード:日照不足\高温障害
第15図 刈取時期と玄米重量,品質との関係(ササニシキ)
   キーワード:千粒重\青米\穂発芽粒\胴割粒\ササニシキ
第2表 刈取適期の範囲
   キーワード:出穂期後日数\出穂期後の積算温度\ササミノリ\ササニシキ\みやこがねもち