記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』土壌施肥編 第6-1巻 技術+66の10〜技術+66の14(ページ数:5)

作物別施肥技術>イネの施肥技術>生育時期と施肥

寒冷地イネのナトリウムの吸収と登熟

開始ページ: 技術+66の10

執筆者: 清野馨

執筆者所属: 元東北農業試験場

備 考: 執筆年 1994年

記事ID: d0600770



見出し

  (1) 本研究のねらいとその経過 ・・・〔1〕
  (2) ナトリウムの吸収とその効果
  (3) 低水温下におけるナトリウム吸収の意義 ・・・〔3〕
  (4) 以上から想定される技術課題 ・・・〔4〕

キャプション

第1表 供試圃場の作土の化学性
第2表 試験区の概要(施肥量g/m2)
第3表 試験期間における収量および収量構成要素の概要
   キーワード:ササニシキ\トヨニシキ
第4表 収量および収量構成要素と乾物生産・養分吸収様式との関係
   キーワード:ササニシキ\トヨニシキ
第5表 収量・収量構成要素とナトリウムおよびカリウム吸収濃度(△Na/△w,△/K/△W)との関係
   キーワード:ササニシキ\トヨニシキ
第1図 水稲苗と有効分げつ期のナトリウム含有率の関係
   キーワード:ササニシキ\トヨニシキ
第6表 ナトリウム吸収濃度とCCR・ナトリウム以外の養分吸収濃度との相関
   キーワード:ササニシキ\トヨニシキ