記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』土壌施肥編 第4巻 基本+284の2〜基本+284の5(ページ数:4)

土壌診断・生育診断>診断の基本>調査・分析の手法

葉身窒素量計(アグリエキスパート)

開始ページ: 基本+284の2

執筆者: 山下律也

執筆者所属: 美味技術研究会

備 考: 執筆年 2005年

記事ID: d164006z



見出し

  (1) イネの生育過程と葉身窒素量の推移 ・・・〔1〕
  (2) 葉身窒素計の構造と操作
  (3) 測定事例と施肥例 ・・・〔2〕
  (4) 良食味米づくりのシステム化

キャプション

第1図 イネ生育過程と窒素量の推移
   キーワード:葉身窒素濃度
第2図 葉身窒素量計と操作図(型式CCN5001J)
第3図 光学部の構造と測定原理
第4図 葉身窒素値と幼穂形成期の分析値の相関
   キーワード:窒素化学分析値/アグリエキスパート表示値
第5図 葉身窒素値と減数分裂期の分析値の関係
   キーワード:窒素化学分析値/アグリエキスパート表示値
第1表 食味重視の施肥テーブル(事例)
   キーワード:寒地多肥型/アキヒカリ/暖地少肥型/ヤマビコ/コシヒカリ/中生新千本/フクヒカリ/暖地多肥型/日本晴/キヌヒカリ
第6図 良食味米づくりのシステム
第2表 葉身窒素量計(アグリエキスパート)の諸元(型式CCN5001J)