記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1990年4月号 257ページ〜259ページ(ページ数:3)

タイトル

良食味を生かして多収する銘柄品種の苗つくり(1)

キヌヒカリ

分けつ確保はうすまき苗 低温管理で太い芽づくり

執筆者・取材対象: 武田晴夫

地 域: 新潟県白根市



見出し

●登熟のよさを生かすために分けつ確保はうすまき苗で●育苗のポイント◎陰干しで浸種ムラをなくし種子消毒を効かせる◎低温催芽で太芽つくり◎100gの条播、低温出芽で太芽―太茎つくり●第1葉長1.5cm、3.3葉苗で本田を太根でスタート