記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2010年5月号 132ページ〜136ページ(ページ数:5)

タイトル

常識を疑えば稲作はまだまだ儲かる(4)

坪40株・2本植え 欠株は2割までは気にしない

執筆者・取材対象: 青木恒男

地 域: 三重県松阪市



サンプル画像


見出し

●今の田植え時期には無理が潜んでいる●一〇〇g播き以下の苗なら、急かされることもない●坪三〇株以上あれば、よしとする●への字イネは、田植え後一カ月からスタート