記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1999年2月号 64ページ〜73ページ(ページ数:10)

タイトル

お客さんが身近になったとき、品種選びはこんなに変わる

お客を驚かすもん探してつくってたら、とうとう120品目になっちゃった

執筆者・取材対象: 編集部玉木慈

地 域: 滋賀県安土町



見出し

●おもしろい産直とおもしろくない産直●年々増えて、とうとう120品目●最近の百姓は、「楽しみ」も一緒に売るモンや●鉢植えミニトマト・レジナ●中はレタスで外はサラダ菜のマノア●地這いメロンを立ててつくって高糖度●お客さんが教えてくれたコールラビの食べ方●プッチィーニは取り合い●糖度が高いものを早出しして、お客に味を覚えさせてしまう●勝手に生える大葉は枝ごと出す●基本品目+お客の気を引くスポット品目●生協出しもおもしろくなってきた