記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2000年9月号 334ページ〜339ページ(ページ数:6)

タイトル

食と農のリサイクル「エコ・ピッグ給食」が始まった

給食残渣をエサにした豚の肉を給食に

執筆者・取材対象: 綱島不二雄

地 域: 山形県鶴岡市



サンプル画像


見出し

●胃袋を通じての新しい環境教育●給食残渣・魚腸骨を熱風乾燥して市販餌に混合●給食残渣を家畜飼料にして、農業の循環機能を最大限発揮●農家に負担をかけないリサイクルシステムに●おいしく楽しいエコ・ピッグ授業も大反響