記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1992年10月号 196ページ〜203ページ(ページ数:8)

タイトル

臭いを断ち、ふん尿を宝に変える

尿は一滴も場外に出さない 豚のエサに変え野菜も魚も育てるリサイクル

執筆者・取材対象: 編集部関根一五郎関根敏朗

地 域: 埼玉県横瀬町埼玉県横瀬町



見出し

●原理は昔の尿溜と同じ!◎糞尿でクロレラを培養したい◎3層に分かれた培養槽◎尿溜で起こっている現象だった●尿処理とエサつくりを同時に行なうリサイクルシステム◎前処理槽で尿を分解●尿を分解し光合成細菌を増殖させる◎緑、赤と色を変える混合槽◎エサになるクロレラ、糸状藻類を無終端水路で培養する◎乳酸発酵槽で雑菌を抑え、吸収をよくする◎魚のエサになるミジンコ、ウキクサが増える●薬いらずの養豚が実現●作物栽培への可能性