記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2005年7月号 336ページ〜344ページ(ページ数:9)

タイトル

「地産地商」の時代(3)

米ヌカ栽培大豆で「県内ベスト3」の味

農家の豆腐屋「ふわっ豆」開業

執筆者・取材対象: 編集部佐藤啓

地 域: 秋田県大仙市



サンプル画像


見出し

●規格外大豆数百袋を抱えて決意―豆腐屋を始めよう●米ヌカ栽培の大豆は甘みが増す、豆腐の歩留まりがいい●高い豆腐、高い納豆が売れる●契約栽培の利点、3等・特定加工用でも「重点作物特別対策」の対象●米ヌカ栽培の大豆は引っ張りだこ●エダマメで稼いで、豆腐・納豆でも稼ぐ●遠くの市場より地元のお客さん、遠くのお客さんにも来てもらおう