記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2004年5月号 92ページ〜99ページ(ページ数:8)

特集:農薬が減る!混植・混作

タイトル

多自然空間はスゴイ

野菜の緑肥草生栽培

イネ科マメ科の通路草生でトマトのエキ病が止まる?

執筆者・取材対象: 石綿薫



サンプル画像


見出し

●ねらうところは、「有機物マルチ+混植効果」●草をうまく「管理」して、野菜の力を引き出す●畑が生きもので賑わう仕組み●接触刺激、誘導抵抗性も見逃せない●農薬を使うと「病気を抑える仕組み」が壊れる