記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2001年2月号 126ページ〜131ページ(ページ数:6)

タイトル

固定種をつくろう 自家ダネをとろう

種どりできる!クスリも肥料も少なくてすむ品種

執筆者・取材対象: 中川原敏雄



サンプル画像


見出し

●自然農法交配キュウリ「上高地(かみこうち)」 ウドンコ病に強く、少肥栽培できる初夏まき夏秋キュウリ●自然農法交配キュウリ「バテシラズ」 盛夏まきで霜が降りるまで収穫できる地這い、立ちづくり兼用キュウリ●自然農法交配カボチャ「かちわり」 米沢在来種から選抜育成した長期貯蔵できる冬至カボチャ●自然農法交配カボチャ「ふゆうまか」 山形県在来種の交配種で果揃いのよい冬至カボチャ●自然農法交配カボチャ「カンリー」 山形県在来種と栃木県在来種の交配種、やせ地でも強勢に育つ豊産種●自然農法交配スイカ「夢枕(ゆめまくら)」 小玉種と台湾種の交雑から選抜育成、裂果が少なく無整枝栽培できる俵形小玉スイカ●自然農法交配トマト「メニーナ」 エキ病に強く、着果性がよい露地桃色中玉トマト●自然農法交配トマト「ボニータ」 エキ病に強く、スタミナがある露地赤色中玉トマト