記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2006年12月号 178ページ〜181ページ(ページ数:4)

タイトル

冬の寒さを利用した「寒じめ野菜」 雪を味方に

雪室貯蔵でジャガイモの糖度が16倍に!

執筆者・取材対象: 遠藤千絵



サンプル画像


見出し

●雪利用ならコストをかけずに湿度・温度を最適に保てる●やり方やネーミングもさまざま●低温貯蔵すると4カ月で糖度が16倍!●酵素の力でデンプンが次々糖に変わる●メークインは糖の増加が多いが糖度がのらない品種もある●1年以上の長期保存も可能