記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2019年5月号 144ページ〜151ページ(ページ数:8)

タイトル

緑肥で野菜30品目を無農薬栽培

執筆者・取材対象: 清水誠市

地 域: 埼玉県和光市



サンプル画像


見出し

●都市近郊で少量多品目栽培●土壌消毒をやめて、緑肥栽培●緑肥はねらいによって使い分ける●過去の失敗例と改善策◎2種類の緑肥を混播して、優劣がついてしまった◎クロタラリアは生育が遅い◎ネギのウネ間でマルチムギをつくると、土寄せが大変◎緑肥の種類を間違って、センチュウ害が拡大◎果菜類の有機物補給、雑草抑制、マルチ効果◎根菜類の間作でセンチュウ対策●緑肥で「土ごと発酵」させてからすき込む●緑肥とボカシで微生物が元気に●緑肥を使わない畑では太陽熱処理