記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1988年3月号 260ページ〜264ページ(ページ数:5)

タイトル

ダイズ700kgどりへの挑戦(3)

低収型ダイズの3タイプと生育姿の特徴

執筆者・取材対象: 今野周



見出し

●もっともふつうに見られる低収ダイズは生育不良型◎生育量が足りない◎ウネ間がなかなか埋まらない◎刈取り期、50cm以下の主茎◎生育不良の原因●伸びるばかりで実にならない過繁茂型◎開花期ころ80cmを超えては危ない◎主茎は90〜100cmもあるのに分枝は少なく、上にしかサヤがない●300〜350kgの普通型ダイズ●ここが分かれめ!多収型ダイズにむかうチェックポイント◎チェックポイント(1)出芽〜6葉期◎チェックポイント(2)培土(6〜7葉)期◎チェックポイント(3)開花期◎チェックポイント(4)最大葉繁茂期(開花約30日後)◎チェックポイント(5)成熟期