記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年10月号 215ページ〜219ページ(ページ数:5)

タイトル

根粒菌をとことん活かしてダイズ多収

でっかい株でダイズ毎年300kg!(5)

地力と根粒菌があっての300kgどり

執筆者・取材対象: 萩原拓重

地 域: 山形県高畠町



サンプル画像


見出し

●連作により地力が低下●肥効の緩やかな元肥●追肥はピンポイントで効かすだけ●管理作業で土に酸素を送り込む●湿害に弱い根粒を守る●イネの多収にもつながる