記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1993年8月号 154ページ〜158ページ(ページ数:5)

タイトル

今からできる登熟、食味アップ大作戦

話題の品種 登熟、食味をよくする穂肥はこう打つ! はえぬき、どまんなか 多過ぎない元肥と早目の穂肥で良質米増収!

はえぬきの枝梗退化防止には18日前の穂肥が効果あり

執筆者・取材対象: 松浦一宇

地 域: 山形県余目町



見出し

●昨年現れた2つの問題点●元肥過多のはえぬきは穂首元の枝梗が退化した●退化の防止の手だて●早目の穂肥でも第3節間は伸びにくい●リン酸、苦土の入った肥料を使う