記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1993年1月号 158ページ〜166ページ(ページ数:9)

タイトル

豊作?それとも不作? 92年のイネをふり返る

土俵際でうっちゃられたイネ、なぜ?

山形県、庄内ササニシキの場合

執筆者・取材対象: 編集部

地 域: 山形県



見出し

●ガサは多いが登熟歩合が落ちた●高温に弱いササニシキ●出穂の遅いイネがよかったワケ●チャラチャラのイネがオール1等米?●増えたモミを十分登熟させるには◎実肥をふれるイネにふらなかった◎早刈りがいけない◎登熟期に水のかけ流しができなかった●ヒコバエが見当たらない●長雨の記憶が水を切らせた?●有効歩合を高めたい●不耕起栽培も暑さに負けた?●増えた二次枝梗モミが悪さをした