記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1993年11月号 86ページ〜88ページ(ページ数:3)

タイトル

私のためした民間療法(8)

柿渋を家庭の常備薬に

歯痛、口内炎、床ずれ、湿疹、下痢などにすばやく効く

執筆者・取材対象: 山崎文雄



見出し

●ムシ歯の痛み止めと歯槽膿漏の改善●へんとう炎による高熱の解熱●口内炎と舌炎●床ずれ、オムツかぶれの防止●しもやけ、湿疹、皮膚炎などに有効●急性の下痢、腹痛によく効く●柿渋の可能性●柿渋のつくり方