…地域の食生活…
北海道の食べもの暦
北海道の食素材
アイヌの食素材
アイヌの食べもの暦

都道府県別食べもの暦
 
魚・貝・海藻(2) こうなごあぶらこうにほやくじらごっこさばかにししゃもほっき貝
<写真をクリックするとくわしい解説がみられます>

こうなご

夏は、にしんやほっけのほかに、こうなご(小女子)、たこ、いか、さばなどが前浜で豊富にとれ、食卓に上る。魚料理はあまり手をかけないものが多く、刺身、焼き魚、煮魚が主である。
北海道の人たちはみな、鮮魚は生に近いほどおいしいので、手のこんだ料理をこしらえることはいたって少ない。

こうなごのしょうが醤油がけ
     

あぶらこ(えぞあいなめ)

ほぼ一年中とれる。見た目は不格好(ぶかっこう)だが、身がやわらかく、煮つけにすると、とてもおいしい。身の中に虫が入っていたりするので、刺身など生のままではあまり食べない。ほっけも同じようにして食べていた。

磯なべ
     

うに

うには季節により、身の入っているときとそうでないときがあり、盛(さか)りは六月から七月いっぱいである。八月になると乳が出(卵に白子がかかった状態)、身がしまらず、まずくなってしまう。
エゾバフンウニと、ムラサキウニがとれるが、エゾバフンウニを好んで食べる。

うにの塩煎り
     

ほや

しけの後に海岸に打ち上げられる。殻(から)から出して腹(わた)をとり、一口大に切ってそのまますぐ食べたり、生のものに塩をふって、酢漬、おから漬にもする。昼の食事の、いものつけ合わせとして食べることが多い。

ほやの酢漬、おから漬
     

くじら(くじな)

昔、くじら汁は年越しや正月料理として欠かせないものだった。大なべに大量に煮こみ、三が日の食べものにしていた。
江戸時代ごろの松前、蝦夷地には「寄りくじら」といわれるくじらがあがり、塩蔵して保存食としていた。大ものを食べて、その年の大漁を願う意味から、正月料理となったようである。

くじな汁(くじら汁)

くじな汁
   

ごっこ(ほていうお)

ごっこは形が悪く、はじめて見る人はたいていいやがるが、一度その味がわかると、そのうまさにとりつかれてしまうそうである。汁にして食べる。

ごっこ汁
     

さば

生のものを塩焼きにしたり、塩漬、粕(かす)漬にする。三平汁の材料や、だしとしてもよく用いる。

そぼろだし
     

かに

霧多布(きりたっぷ)の海では、花咲がにや毛がにがとれる。これは料理するよりは、そのままゆでて、身を食べるのが一番おいしい。

塩ゆでにした花咲きがに
     

ししゃも

ししゃもは、もともと北海道の魚であり、数々のアイヌ伝説とともに知られている。太平洋沿岸の河口でとれるししゃもは、昔はあまりにもたくさんとれるので、肥料にもしていた。もちろん食べものとしても、淡白な味が好まれていた。ことに、こぶ巻きの芯(しん)にすると、身欠(みが)きにしんの芯とは違う味わいがある。

ししゃもの干もの
     

ほっき貝

さっとゆがいて刺身にしたり、砂糖と醤油で甘塩っぱく煮つけて食べる。変わったところでは、塩辛に漬けこむ人もいる。また、塩をぱらぱらとふって、串にさして焼く塩焼きも、なんともいえない味である。

ほっき貝の塩焼き
     

↑このページのトップへ