…食生活…
北海道の食べもの暦
北海道の食素材
アイヌの食素材
アイヌの食べもの暦

都道府県別食べもの暦
 
魚・海藻 生の筋子かじかあかはらとろろこんぶさくらます
<写真をクリックするとくわしい解説がみられます>

鮭(シャケ、さけ)・カムイチェプ

鮭は魚の中でもっとも重要な食料である。秋になると群(む)れをなして川をさかのぼってくる鮭を大量に捕獲(ほかく)し、冬を越すための保存(ほぞん)食にする。カムイチェプとは神魚の意で、自然からの贈り物(おくりもの)をさす。

初ものの鮭

鮭の目玉

アタッ(干し鮭)

アタッの塩味炊き

チタタプ(軟骨のたたき)の作り方

ムシ(鮭の皮、つるこけもも)
   

生の筋子(すじこ)・チポ

チポサヨ(おかゆ)、チポラタ(筋子とじゃがいもを混ぜた煮もの)、チポシト(筋子を混ぜた、米の粉で作っただんご)に用いられる。いずれも秋にしかとれない生の筋子を用いるので、上等な料理となる。

チポ料理

チポを取り出す

チポサヨ

チポラタ

チポシト

干し筋子
   

かじか

煮たり焼いたりしても食べるが、はらわたをとって焼いて二つ折りにし、えんどう豆をさやごと使う青さやのオハウ(実の多い汁もの)などのだしとする。かじかとどじょうのだし汁はとても味がよい。

かじか:焼き干しにしてわかめの冷やし汁などのだしに使う
     

あかはら

あかはらとは、腹が赤味をおびた繁殖期(はんしょくき)の「うぐい」のことである。たたきにするときには、頭、うろこ、内臓などほとんどの部位を使う。なぜかあかはらのえらは入れると味が悪くなるといわれ、たたきはもちろん、お汁にもあかはらのえらは使わない。

あかはら

あかはらのたたき
   

とろろこんぶ

海浜にふんだんにあるので、一年中食べられるよう干して保存しておく。ラトゥシペは、とろろこんぶを入れた三平汁とでもいうべきもの。まつりのときによくつくるごちそうである。

ラトゥシペ

   

↑このページのトップへ