新刊情報やイチ押し情報をお届けします

柿づくし ー柿渋、干し柿、柿酢、柿ジャム、紅葉保存[著] 濵崎貞弘

7月10日に新刊『柿づくし』が発売になります。内容の一部を公開します

柿をムダなく使い切るための1冊、これさえあれば、柿の加工・保存・調理がぜんぶわかります

目玉は、圧力鍋でできる柿渋作り。柿渋染めなどで人気の柿渋ですが、近頃はニオイ消しからノロウイルスの退治まで使えることもわかってきました。その柿渋をたった2週間足らず(最短数日)で作るやり方を収録

そのほか、失敗しない渋抜き、カビない干し柿、自分で作る柿酢、渋くない柿ジャム、ビタミンCたっぷりの柿の葉茶の作り方など、まさに柿づくし!

54016117

価格:¥1,600+税 発売時期:2016年7月

honya_banner

目次

54016117_2

54016117_3

54016117_4

はじめに

54016117-1

●パート1 柿の魅力は渋味にあり――渋いはいいことだらけ
ほかの果物にない、柿だけの渋味

54016117_6

54016117_7

ニオイ対策、歯茎の健康、のどの痛みに
果実に含まれる柿タンニンのおかげ
柿タンニンの力とは
古くから知られていた柿渋の効果

●パート2 柿渋――圧力鍋で手軽に作ろう
柿渋作りの基本――伝統製法
発酵させないで二週間足らずで作る
だれでも簡単! 圧力鍋で柿渋作り
柿渋染めのやり方

●パート3 柿の実――甘い柿を楽しむ
柿の甘渋
渋抜きの方法
柿の料理
柿の効能
柿の加工利用
柿酢の作り方
柿ジャムの作り方

●パート4 干し柿――カビを生やさず保存
干し柿の魅力
干し柿の種類と品種
カビを防ぐコツ
誰でも失敗しない干し柿の作り方
干し柿の加工
身体に効く干し柿

●パート5 柿の葉――見て、飲んで楽しむ
手の平ほどの大きな葉が色つややかに紅葉する
柿の葉の機能性成分
柿の葉茶の作り方
柿の紅葉を長く楽しむ方法

この記事に関係のある書籍

54016117柿づくし ー柿渋、干し柿、柿酢、柿ジャム、紅葉保存
著者:濵崎貞弘/価格:¥1,600+税/発売時期:2016年7月

honya_banner
田舎の本屋さんは農文協の通販サイトです