老農類語(対馬)・刈麦談(対馬)

口絵

老農類語(対馬)<ろうのうるいご>

対馬島内の8つの村々の老農たちからの報告をもとに,「対馬聖人」とうたわれた陶山訥庵がまとめた対馬の農業記録。木庭作すなわち焼畑農業について詳しく紹介し,近年まで続いた対馬の焼畑の原型を伝える。

刈麦談(対馬)<かりむぎだん>

水田の少ない対馬での重要作物「麦」の刈取り時期を問題にしながら,経営のなかにどう取り入れていくかを説いた技術,経営書。『老農類語』とともに島での農業と生活の実態を伝える貴重な書。