農業自得(下野)・農業自得附録(下野)・農家肝用記(下野)・農業根元記(下野)・吉茂遺訓(下野)

口絵

農業自得(下野)<のうぎょうじとく>

下野国上三川の老農・田村吉茂の著。数ある農書のなかでもとくに農民的発想の強い書として著名。現場での観察から雌雄説を拒否し,陰陽説に対しても観念論に陥らない。

農業自得附録(下野)<のうぎょうじとくふろく>

80歳をこえた著者晩年の著。一貫して米麦中心の農業を主張し,商品作物の栽培には消極的。作物ごとの適地も記す。

農家肝用記(下野)<のうかかんようき>

農業にかかわる万般を数量的にとらえようとしたもの。年間休日数,田畑の必要労働力,生活費などを見積もり,収支視点から作物を選択するという段階にまでいたっている。

農業根元記(下野)<のうぎょうこんげんき>

『農家肝用記』に続いてより厳密な田畑の作物の収支計算を試みた書。生産費,生計費などが費用別に計上されている。

吉茂遺訓(下野)<よししげいくん>

老農・田村吉茂の遺訓。営農,栽培のみにとどまらず,その農業観,思想をのぞかせ,吉茂の農業論の根源を知りうる。