記事の概要

テキストを見る


戻る
記事IDtk54000247034
作品種別新 野菜つくりの実際
記事タイトルイチゴ 東北・北海道での栽培
サブタイトル
開始ページ218
執筆者川岸康司
執筆者所属北海道専門技術員
見出し
●1 この栽培の特徴と導入
◎(1)栽培の特徴と導入の注意点
○(1)春どり(一季成り性品種)栽培
○(2)夏秋どり(四季成り性品種)栽培
◎(2)他の野菜・作物との組合わせ方
●2 栽培のおさえどころ
◎(1)どこで失敗しやすいか
○(1)定植時期と苗質
○(2)施肥と灌水
○(3)土壌病害
◎(2)おいしくて安全につくるためのポイント
●3 栽培の手順
◎(1)苗づくり
○(1)採苗方法
○(2)春どり栽培の育苗方法
○(3)夏秋どり栽培の育苗方法
◎(2)定植のやり方
○(1)圃場づくり
○(2)定植方法
◎(3)定植後の管理
○〈春どり栽培〉
○(1)越冬前の管理
○(2)保温開始と温度の管理
○(3)開花前から開花期の管理
○(4)果実肥大・収穫期の管理
○〈夏秋どり(四季成り性品種)栽培〉
○(1)腋芽・花房の整理
○(2)液肥の追肥
○(3)灌水
◎(4)収穫
○〈春どり栽培〉
○(1)適期に収穫
○(2)収穫は早期に
○〈夏秋どり(四季成り性品種)栽培〉
○(1)腋芽の整理
○(2)株の消耗を防ぐ
○(3)一〇℃以下になったら保温
○(4)収穫後は予冷する
●4 病害虫防除
◎(1)基本になる防除方法
◎(2)農薬を使わない工夫
●5 経営的特徴
○(1)労働時間
○(2)経費
○(3)販売先、販売の工夫
キャプション図1 イチゴ春どり(一季成り性品種)栽培(無加温半促成作型) 栽培暦例/図3 春どり(一季成り性品種)栽培のイチゴ(収穫期)/表2 寒冷地向けイチゴ品種の特性/図4 寒冷地向け春どり用イチゴ新品種「けんたろう」/図2 イチゴ夏秋どり(四季成り性品種)栽培(8月下旬〜11月どり) 栽培暦例/図5 夏秋どり(四季成り性品種)栽培のイチゴ(7月,開花期)/表3 摘花がイチゴ果実の糖度に及ぼす影響 (道南農試,1998年)/表4 イチゴ春どり栽培,夏秋どり栽培のポイント/図6 親苗の植付け方(配置状況)/表5 採苗圃の施肥例(10a当たり) 注)事前に土壌診断を行ない,pHを調整する。追肥はランナーが発生する直前にウネ間全面に施用・混和し,ランナーの着地床を作る/図7 親株から発生してきたランナーの配置/図8 親株からのランナーをとめ,子株を着地させる/図9 子苗の採苗方法/表6 仮植床の施肥例(10a当たり) 注)事前に土壌診断を行ない,pHを調整する/図10 仮植床への植付け方/表7 本畑の施肥例(10a当たり)/図11 定植のやり方(苗の配置)/図12 本畑への植付け方向と植付け深さ/表8 春どり栽培の温度管理/図13 果房出しのやり方/図14 イチゴの品質目標/表9 イチゴ春どり,夏秋どり栽培での病害虫防除/表10 イチゴ栽培の経営指標(北海道の作型) 注)経営費には出荷部分の経費を含む
作目
備考/キーワード
ページ数(ポイント数)17