記事の概要

テキストを見る


戻る
記事IDP1160503
作品種別食品加工総覧
第11巻
巻名果樹・樹木,きのこ
記事タイトル[カエデ,カシワ,サクラ,シラカバなど] 事例 飲料
サブタイトル樹液飲料,若葉・雄花の茶:カバノアナタケを煎じた飲料水などで「伐採なき林業」をめざす
開始ページ149
執筆者柳生佳樹
執筆者所属有限会社さっぷ
地域1
地域2北海道小樽市
現地域
地域コード
見出し  ●地域の状況と取組みの経過
  ●製品開発の経過と製品の特徴
  ●素材・原料の選択と調達法
  ●施設,資材
  ●加工方法の実際,留意点
  ●販売方法
  ●今後の展開,課題
キャプション白樺樹液「森の雫」
写真1 美深町の白樺林
写真2 毎年春に開催される白樺樹液祭
表1 シラカバ樹液の化学組成
表2 シラカバ樹液と原水のミネラル組成の比較
表3 シラカバ樹液と薬効
写真3 拘束水浸3時間後のラットの胃
表4−1 水分補給を水で行なった後,泳いだ時間
表4−2 水分補給をシラカバの樹液で行なった後,泳いだ時間
写真4 シラカバ樹液の採取
表5 シラカバの完全利用プラン
   キーワード:テルペン/フラボノイド/クロロフィル
素材素材編
加工品執筆年 2000年
ページ数(ポイント数)6