記事の概要

テキストを見る


戻る
記事IDP11114zz
作品種別食品加工総覧
第11巻
巻名果樹・樹木,きのこ
記事タイトル[ミカン類(温州ミカン)]
サブタイトル
開始ページ549
執筆者長谷川美典
執筆者所属農林水産省四国農業試験場
地域1
地域2
現地域
地域コード
見出し加工の歴史・動向と農村加工
 世界での加工
 日本での加工
    ●果汁加工
    ●缶詰加工
 農村加工のねらい
加工特性・加工用途
 加工特性と加工用途
    ●含有成分と加工特性
    ●加工用途・利用用途
 機能性と加工・利用
    【ビタミンC】
    【ヘスペリジン】
    【β-クリプトキサンチン】
 特徴的な加工品と加工方法
    ●ジュース
    【JAS規格による製品区分】
    【搾汁】
    【殺菌・濃縮】
    ●缶詰
 海外の加工法に学ぶ
種類・品種の加工特性と加工用途
  各種品種の特性と加工用途
    ●品種の早生,極早生化と果汁品質
    ●缶詰加工と品種
    ●品種開発による作業性の向上
栽培の留意点と副産物・食品以外の利用
 加工からみた栽培,収穫,調製の留意点
    ●果汁加工の場合
    【黒腐病】
    【低温障害】
    ●缶詰加工の場合
 副産物・食品以外の利用
    【果皮・搾汁かすの利用】
    【精油成分・ペクチンの利用】
    【薬効成分の抽出利用】
キャプション図1 温州ミカン用搾汁機(チョッパーパルパー式)
図1 β−クリプトキサンチンのマウス皮膚ガンの抑制
図2 缶詰の製造工程
写真1 久能温州
写真2 青島温州
図1 極早生温州におけるリモノイド含量の系統間差
図1 ヘスペレチンによる前駆脂肪細胞への分化促進
図2 ナリンゲニンによる前駆脂肪細胞への分化促進
素材素材編
加工品執筆年 2000年
ページ数(ポイント数)9