記事の概要

テキストを見る


戻る
記事IDT060902z
作品種別食品加工総覧
第9巻
巻名穀類,雑穀,マメ類,イモ類,油脂作物
記事タイトル[コムギ] ■博多とんこつラーメン用品種ちくしW2号の開発
サブタイトル種類・品種の加工特性と加工用途>各種品種の特性と加工用途
2009年
開始ページ284-27-2
執筆者浜地勇次
執筆者所属福岡県農業総合試験場
地域1
地域2
現地域
地域コード
見出し    ●福岡県のコムギ生産と品種
     【最近のコムギ栽培面積の推移】
     【コムギの品種構成】
    ●品種開発のきっかけ
    ●品種開発成功のポイント
     【育種期間を短縮する半数体育種技術】
     【製粉業界と一体となった品種開発】
    ●とんこつラーメンに適した加工適性の評価
    ●新品種ちくしW2号の開発経過と特性
     【ちくしW2号の来歴】
     【各種特性】
     ◎ラーメン適性
     ◎形態的特性
     ◎農業形質および原粒品質
     ◎播性,病害抵抗性と穂発芽耐性
    ●栽培にあたっての課題
    ●今後の取組み
キャプション図1 福岡県におけるムギ類の栽培面積の推移(1973〜2007年)
表1 福岡県におけるコムギの品種別栽培面積
図2 ちくしW2号の開発に用いた半数体育種法と通常育種法との違い
写真1 培養中のコムギ半数体系統
写真2 半数体を倍加処理したコムギ系統
写真3 福岡製粉倶楽部技術検討会による食味官能試験
表2 とんこつラーメンに適した品質評価法
写真4 生産力検定試験
写真5 ちくしW2号の生めん
写真6 ちくしW2号の草姿(単位:cm)
写真7 
素材素材編
加工品執筆年 2009年
ページ数(ポイント数)8