記事の概要

テキストを見る


戻る
記事IDT050905z
作品種別食品加工総覧
第9巻
巻名穀類,雑穀,マメ類,イモ類,油脂作物
記事タイトル[オオムギ] ■主食用品種の開発〜褐変防止と高食物繊維含量
サブタイトル種類・品種の加工特性と加工用途>各種品種の特性と加工用途
開始ページ188-8
執筆者遠藤好司
執筆者所属株式会社はくばく
地域1
地域2
現地域
地域コード
見出し    ●近年のオオムギをめぐる状況
     【麦作施策の転換と国際需給の逼迫】
     【国内生産停滞の背景】
    ●主食用オオムギの新品種育成動向
     【各種の育種プロジェクト】
     【ファイバースノウ】
     【シルキースノウ】
     【シンジュボシ】
     【外観形質や機能性の改善】
    ●褐変しにくい品種と麦ご飯への利用
     【褐変防止と極低ポリフェノールオオムギの育種】
     【東山皮108号とファイバースノウの調理特性】
    ●オオムギの健康機能性
     【高食物繊維食としてのオオムギ】
     【大麦食摂取が脂質・糖質代謝に与える影響】
キャプション表1 国内産オオムギ・ハダカムギの購入希望数量と販売実績数量の推移
図1 歩留り別ポリフェノール含量
図2 炊飯後の色調(a値)変化
図3 レトルト加熱による色調(a値)変化
図4 オオムギβ-グルカンの分子構造
図5 各食餌群における中性脂肪の3か月間の変化
図6 各食餌群における総コレステロールの3か月間の変化
表2 各食餌群における空腹時血糖値(mg/dl)の3か月間の変化
表3 各食餌群におけるOGTT-AUC(血糖値-時間曲線下面積)の3か月間の変
素材素材編
加工品執筆年 2008年
ページ数(ポイント数)8