記事の概要

テキストを見る


戻る
記事IDP08113zz
作品種別食品加工総覧
第8巻
巻名非食品の加工品
記事タイトル[ドライフラワー] 加工方法と施設・資材
サブタイトルクラフト
開始ページ7
執筆者本多洋子
執筆者所属恵泉女学園園芸短期大学
地域1
地域2
現地域
地域コード
見出し 加工方法
  加工の原理と工程
    ●自然乾燥
    【自然乾燥の方法】
    【ケイ酸質の多い花の場合】
    【木の実類の場合】
    ●乾燥剤による乾燥
    ●溶液処理による方法
    ●乾燥室の利用
  施設・資材の選択
    ●ドライフラワー作品をつくるための土台
    【サハラ(商品名)】
    【サハラリング(商品名)】
    【スタイロフォーム】
    【サハラとスタイロフォーム】
    ●グルーとボンド
 製品の保存,輸送
    ●ストックルーム
    ●防虫対策
    ●輸送する場合は箱に固定する
    ●直売所での販売の注意点
キャプション写真1 花が七,八分咲きのころ,種類ごとに小束にする
写真2 ハンガーなどに花を下にし,吊るして乾かす
写真3 ふつう2〜3週間できれいに仕上がる
写真4 段ボール箱に立てビニール袋の中に入れる。大量の場合は横に寝かせて箱に入れ,積み重ねられるようにしてもよい
写真5 三,四分咲きのころに花だけ摘み取ってワイヤーをあしらう
写真6 木の実は木についているうちに採取する
写真7 底にシリカゲルを入れてから花を埋め込むように並べる
写真8 花の上からすきまのないように
素材加工品編
加工品執筆年 2003年
ページ数(ポイント数)7