記事の概要

テキストを見る


戻る
記事IDT100704z
作品種別食品加工総覧
第7巻
巻名味噌,醤油,調味料,油脂,酒類,菓子,ジャム
記事タイトル[みりん] 食品としての価値と製品開発
サブタイトル製品開発の着眼点
2013年
開始ページ164-7
執筆者倉裕
執筆者所属宝酒造株式会社技術・供給本部研究開発センター
地域1
地域2
現地域
地域コード
見出し
キャプション図1 サワラの照焼きにおける本みりんと砂糖・清酒の,光沢度(てり・つや)比較
写真1 浸漬,加熱調理後のジャガイモの切断面
表1 本みりんおよび煮切りみりんの分析値
図2 沸騰後30分間加熱したときのカク浸漬液の濁度の経時変化
表2 本みりん50%溶液,煮切りみりん50%溶液,7%アルコール溶液および水に豚肉を浸漬したときの浸漬液の分析値
素材加工品編
加工品執筆年 2013年
ページ数(ポイント数)4