記事の概要

テキストを見る


戻る
記事ID430928zz
作品種別防除総覧
診断編
第9巻
書名/作目名等雑草
サブタイトルナス科>一年草
記事タイトル畑地雑草 ヨウシュチョウセンアサガオ
2012年
追録号追録43号
開始ページ623
執筆者黒川 俊二
執筆者所属独・農研機構中央農業総合研究センター
地域1
地域2
現地域
地域コード
見出し
キャプション生育期:比較的早期に花芽をつける。蕾の形状がオクラに似ていることから誤食の事故が起きている。全草に猛毒のアルカロイドを含むため注意が必要である。
開花期:花の色が白いものをシロバナチョウセンアサガオと呼ぶ。
結実期:緑色が保たれている間は光合成が行なわれる。表面積が大きい分,効率が高い。
果実が裂開して種子が散布されるようす:親植物の周辺1〜3mに散布される。果実,種子ともに水に浮遊して散布されることもある。
草地に発生するようす:家畜に猛毒のアルカロイドを含むため,少数残草するだ
作目
ページ数(ポイント数)4