記事の概要

テキストを見る


戻る
記事IDt02200zz
作品種別防除総覧
資材編
第11巻
書名/作目名等天敵
サブタイトル天敵資材>カミキリムシ類>糸状菌
記事タイトルボーベリア・ブロンニアティ
2014年
追録号追録20号
開始ページ171
執筆者柏尾 具俊\樋口 俊男
執筆者所属農林水産省野菜・茶業試験場久留米支場\出光興産株式会社アグリバイオ事業部
地域1
地域2
現地域
地域コード
見出し【特徴と生態】
<特徴と寄生方法>
<生態>
【使い方】
<剤型と使い方の基本>
<散布適期の判断>
<温度・湿度管理のポイント>
<栽培方法と使い方>
<効果の判定>
<追加散布と農薬防除の判断>
<天敵の効果を高める工夫>
<農薬の影響>
<その他の害虫の防除>
<分離・増殖方法>
<付> 天敵の入手先案内
キャプション本菌に感染し,枝にしがみついたまま病死したゴマダラカミキリ成虫。(出光興産(株))
本菌に感染死したゴマダラカミキリ成虫:白〜淡黄白色の菌糸で覆われる。(柏尾 具俊)
カンキツ園での本菌製剤(バイオリサ・カミキリ)の設置例。(出光興産(株))
本菌に感染した後,胴体部が抜け落ちてもしがみついたままのゴマダラカミキリ成虫の体。(出光興産(株))
カンキツ園での本菌製剤(バイオリサ・カミキリ)の処理風景。(出光興産(株))
本菌製剤の未処理区でゴマダラカミキリに食害されたカンキツの樹幹。(出光興産(株))
図1 製剤(バイオリサ・カミキリ<スリム>10本×5シート)/1袋
図2 「バイオリサ・カミキリ」を施用したカンキツ園におけるゴマダラカミキリの病死率の経時変化
図3 「バイオリサ・カミキリ」を3年間施用したカンキツ園におけるゴマダラカミキリ脱出孔数の年次推移
作目
ページ数(ポイント数)7