記事の概要

テキストを見る


戻る
記事ID06_409
作品種別日本の食生活全集
6
山形の食事
記事タイトル酒田の海船問屋の食
サブタイトル
開始ページ319
執筆者/撮影者木村正太郎 千葉 寛
執筆者所属
地域1山形県
地域2酒田市
現地域
地域コード
見出し
キャプションタイトル:海船問屋の建立した常夜灯\キャプション:酒田市内\タイトル:青塚家の住居見取図(昭和初期)\タイトル:海船問屋の接待料理(秋〜冬)\キャプション:左の膳:〔上左の皿〕甘えび、いか、ひらめの刺身、〔上右の皿〕鮭の粕漬、にら、いちじくの甘煮、〔中左から〕はららご、むきそば、はたはたのでんがく、〔下左から〕氷頭なます、かゆずし、やつめ汁(焼いたやつめうなぎの醤油味の汁)/右の膳:〔上左から〕ばい貝のうま煮、寒だらの煮つけ、〔中左から〕たらのこ炒り、やつめのうま煮、〔下左から〕漬物、きもと(あさつきの一種)といかの酢味噌かけ
地域区分山形の歴史風土と食事
内容区分酒田の海船問屋の食
素材
調理法
ページ数(ポイント数)6