記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2014年5月号 134ページ〜137ページ(ページ数:4)

タイトル

疎植で増収

坪二〇株の超疎植は常識外れの育ち方 速効性肥料の元肥一発施肥でも七〇〇kgどり

執筆者・取材対象: 渡辺真治

地 域: 新潟県新潟市



サンプル画像


見出し

●倒伏するなら栽植密度を減らすのみ●速効性肥料の全量元肥でも肥切れしない●資材節約メリット、計り知れず●誰が取り組んでも優劣のないイネ