記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』作物編 第3巻 栃木・古沢+1〜栃木・古沢+8(ページ数:8)

イネ=精農家の技術>本田編>気象条件と技術体系

〈コシヒカリ〉1株3〜5本,平方m当たり22株植え,10a当たり600kg 元肥少肥,追込み型のじっくり稲作,生育診断を活用 栃木県大田原市 古沢拓雄 (57歳)

開始ページ: 栃木・古沢+1

執筆者: 相吉沢秀夫黒崎俊明

執筆者所属: 栃木県大田原農業改良普及所

備 考: 執筆年 1992年

記事ID: s0300720



見出し

〈地域の概況と技術の課題〉 ・・・〔1〕
 1.地域の概況
 2.古沢さんのイネづくり ・・・〔2〕
   (1)これまでのイネづくりの経過と現在の栽培の特色
   (2)品種選択の考え方と実際
〈技術の基本〉
 1.栽培方式の特徴
   (1)現在の栽培方式の特徴
    土つくり
    ひかえめな元肥窒素の施用
    うすまき苗による1株植付本数の少ない(3〜5本)田植え
    生育診断に基づく積極的な穂肥の施用
   (2)現在の栽培方式の導入の経過とねらい ・・・〔3〕
   (3)現在の栽培方式の成果
 2.生育のとらえ方と技術の骨組み ・・・〔4〕
   (1)目標とするイネの姿と生育のすすめ方
   (2)収量構成要素の目標と実態
   (3)技術のポイント
    作期の判断
    苗づくり−健苗の育成
    栽植密度
    施肥
    水管理 ・・・〔5〕
〈栽培の実際〉
 1.苗づくり
   (1)播種
   (2)育苗用土
   (3)苗代の設置 ・・・〔6〕
 2.本田の準備,耕起,代かき
   (1)準備
   (2)畦畔の整備
 3.元肥のやり方 ・・・〔7〕
 4.田植え・活着期
   (1)植付密度
   (2)除草剤散布,初期害虫防除
 5.生育前・中期(分げつ期〜幼穂形成期)
 6.幼穂形成期から出穂まで ・・・〔8〕
 7.登熟期
 8.収穫,乾燥,調製

キャプション

経営の概要
第1表 イネの生育診断指標値
第2表 穂肥の診断指標値
   キーワード:初星\コシヒカリ\初星\コシヒカリ
第3表 収量構成要素の目標と実態
第1図 目標とする苗の姿
第2図 簡易出芽法の概要
第4表 育苗管理・作業暦
   キーワード:ベンレートT\風呂\電床線\寒冷紗\
第5表 本田・作業暦
   キーワード:フレコン\ロータリー\ハロー\ザークD\トレボンバッサ粒剤\ネオアソジン液剤\NK化成\ラブサイドゾル\バリダシン液剤\尿素\スミバッサ乳剤
第6表 施肥量と施肥方法(kg/10a)
   キーワード:苦土入粒状複合005号\BB005号\苦土重焼燐\塩化カリ\フレコン\窒素カリ粒状複合\C707号\BBNK‐C707号\17‐0‐17\塩化カリ\尿素
第3図 本田での生育経過と管理
   キーワード:茎数(本/株)\草丈\葉齢\施肥\水管理