記事の概要

テキストを見る


もどる
記事IDC200912_013
作品種別食育活動
特集タイトル小特集 ひろがれ! 食農保育 たがやし・そだて・たべる 保育施設の食育のいま
上位サブタイトル
連載タイトル
記事タイトルシイラの胃からイワシが続々!
下位サブタイトル魚料理体験を取り入れた食農保育の実際
年・月2009年12月号
開始ページ52
執筆者澤口 道
執筆者所属静岡県焼津市・風の子の家
取材対象
地域1
地域2
現地域
見出し●焼津の海の恵みを子どもたちへ●イワシの手開きは一〜二歳児もできる!●魚の胃袋からみえる食物連鎖の世界●「生きる」感性を育てる生活の原体験
キャプション裏山から切り出した竹を上手に切るようす。風の子の家は、昭和52年に年に認可外保育所として開設され、平成6年からは、特にカリキュラムを定めない里山をフィールドにした保育活動を開始した。在園児数は、子どもの年代は1歳から5歳までの未就学児を中心に、週末などに預かる学童も含めて約20名/保護者に配布している手紙。風の子の家での取組みを紹介しながら、保護者へのメッセージが綴られている。この日は、「わきいちゃん」がもってきた大きな魚をみんなで協力して下ろした話題/シイラの胃袋からは、丸飲みしたイワシが次々にあらわれた/ある日の献立にイワシのフライが登場。手開きにしたイワシは、「卵のお風呂に入れまーす」、「お布団に包みまーす」と言葉遊びをしながら衣で包む。イワシは骨まできれいに食べて残食はゼロ
記事区分
親記事/かこみ
作目
備考/キーワードC200912_013
ページ数(ポイント数)4