記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1989年8月号 124ページ〜127ページ(ページ数:4)

タイトル

農家の法律相談(21)

帰農を考え農地取得を検討中。資金は亡父から相続した駅前の農地(戦前からの小作権つき)を売ってあてようと思っているが、小作の人が返してくれない。どうしたらよいか?

執筆者・取材対象: 筒井信隆



見出し

●小作関係が永小作権か賃借権かで手続等が異なるが農地は返してもらえる◎賃借権か永小作権かまず確認を◎永小作権の場合−事前通知、知事の許可は不要◎賃借権の場合−知事の許可を受ければ返してもらえる◎知事の許可の条件−あなたの場合、3通り考えられる○1.賃借人が信義に反した行為をした場合○2.その農地を宅地などに転用することを相当とする場合○3.賃借人がその農地を耕作に供することを相当する場合◎知事の許可の手続