記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1989年5月号 138ページ〜140ページ(ページ数:3)

タイトル

農家の法律相談(20)

経営の中心的農地が県道の予定線に入っている。農地はすべて農振地域に指定されているのに、県道が優先されるのか?

執筆者・取材対象: 筒井信隆



見出し

●残念ながら法律的には農振地域でも県道を通すことが優先される−しかし制約される場合がある◎都市計画法、農振法と農振地域−農用地区域の関係◎農用地区域の開発行為−制度がある場合、ない場合◎国、地方公共団体の開発行為が制約される場合◎どんな開発行為が制約されるか◎政治的な主張はもちろん可能−住民運動が勝利した例も多い