記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1988年7月号 234ページ〜238ページ(ページ数:5)

タイトル

稲が見えるから増収する減農薬稲作(6)

減農薬のための田植え術、除草術

執筆者・取材対象: 宇根豊



見出し

●害虫や病気を減らす「田植え」の秘訣◎人より遅く植える◎あつ植え、密植にしない◎元肥減肥に限る◎病気も早植え、あつ植え、密植、元肥多肥ほど多くなる●除草剤のへらし方と水管理◎使いすぎて天敵をへらす除草剤◎除草剤の分解物質への不安◎除草剤を減らす決め手は水管理